コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野正名 みずの まさな

2件 の用語解説(水野正名の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野正名 みずの-まさな

1823-1872 幕末の武士。
文政6年5月生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。真木和泉(いずみ)らと天保(てんぽう)学連を結成して藩政改革をはかり,嘉永(かえい)5年獄につながれる。文久3年ゆるされて京都にいき,八月十八日の政変で七卿(しちきょう)落ちに随行。維新により藩大参事となるが,大楽(だいらく)源太郎をかくまった罪で終身刑をうけ,明治5年11月9日獄死。50歳。通称は丹後。号は渓雲斎,鴻州。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

水野正名

没年:明治5.11.9(1872.12.9)
生年:文政6.5(1823)
幕末の尊攘派久留米藩士。諱は正名。岩次郎,丹後と称し渓雲斎,鴻州と号す。父は,同藩家老水野正芳。天保14(1843)年,奏者番。天保学連に参加,嘉永4(1851)年,藩政改革意見を建白。翌5年,嘉永大獄により幽閉。文久3(1863)年5月,中山忠光,長州藩の圧力などで赦免,6月,藩命により上京,学習院御用掛。8月18日の政変に際し七卿に従って長州に,慶応1(1865)年に五卿と共に太宰府に移り近侍。王政復古により帰藩,明治1(1868)年2月,藩参政,中央政府に招かれたが藩主の意向を尊重して辞退したという。同10月に公議人,翌年11月,藩大参事。同4年3月,大楽源太郎を匿ったかどで逮捕され終身刑,弘前で獄死。

(吉田昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水野正名の関連キーワード久留米久留米縞久留米躑躅久留米市の問屋街池尻茂四郎今井栄(1)小河真文勝野森之介酒井伝次郎不破美作

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone