コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水銀圧力計 すいぎんあつりょくけいmercury manometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水銀圧力計
すいぎんあつりょくけい
mercury manometer

水銀を入れたガラスのU字管の両側に異なる圧力を加えると,両側の液面の高さに差ができる。これを利用して両側の圧力差をはかる。ガラス管の一端を封じればその側はトリチェリの真空になるので,真空計として使われる。構造が簡単,製作も容易で古くから使われたので,いまも真空度表示に水銀柱の高さの差を mmで表わした mmHgを用いることが多い (→トル ) 。たとえば油回転ポンプによる到達真空度は 10-2mmHg というごときである。また気圧計として使われる水銀圧力計はフォルタン型というかなり精密な構造のもので,バロメータ晴雨計などともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいぎん‐あつりょくけい【水銀圧力計】

水銀をガラス管に入れて水銀だまりの中に倒立させ、真空ガラス管中の水銀柱の高さによって気体の圧力を測る圧力計。大気圧測定用のものは水銀気圧計と呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

水銀圧力計の関連キーワードユージオメーターマクラウド真空計水銀血圧計液体圧力計トリチェリ高圧計血圧計血圧

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android