コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷頭膾 ヒズナマス

デジタル大辞泉の解説

ひず‐なます〔ひヅ‐〕【氷頭×膾】

サケなどの頭の軟骨を薄切りにしてつくったなます 秋》「―前歯応へて呉れにけり/時彦」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ひずなます【氷頭膾】


北海道、東北、北陸など鮭の産地の郷土料理で、薄切りにした氷頭(ひず)と、大根・にんじんを合わせて甘酢で和えたもの。氷頭は、鮭の頭の軟骨。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android