永井一正(読み)ながいかずまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永井一正
ながいかずまさ

[生]1929.4.20. 大阪
グラフィック・デザイナー。1951年東京芸術大学彫刻科中退。1960年日本デザインセンターの設立に参加,1975年社長に就任した。抽象的形態によるデザインが特徴。札幌オリンピック冬季競技大会公式マークなど各種マークに優れた作品が多い。空押しによる版画の作品でも知られる。1966年ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞,毎日産業デザイン賞,1988年芸術選奨文部大臣賞受賞。1989年紫綬褒章,1999年勲四等旭日小綬章受章。作品集『永井一正の世界』(1985)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

永井一正【ながいかずまさ】

グラフィック・デザイナー。大阪府生れ。東京芸大中退。精緻に計算された構成をもつ作家性の高いポスターを数多く生み出してきた。1960年日本デザインセンターの設立に参加。商品写真を全面に出した秀作《アサヒスタイニー》ポスター(1965年)も名高いが,表現者としては抽象表現を追求し幾何学的パターンによる《生長の話》ポスター(1966年)や版画作品を発表する。1981年の開館時から富山県立近代美術館のポスターを手がける。琳派などを想起させる日本的装飾を抽象表現に採り入れ,1988年頃から動物などをモティーフにしたポスター作品を展開。その象徴性の高い表現は,近年より深みを増している。札幌オリンピックなどのシンボル・マークのデザイナーとしても傑出した作品を残している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井一正 ながい-かずまさ

1929- 昭和後期-平成時代のグラフィックデザイナー,版画家。
昭和4年4月20日生まれ。昭和35年日本デザインセンターの設立に参加。札幌冬季五輪,沖縄海洋博のシンボルマーク,世界デザイン博のシンボルマークと公式ポスターなどを手がける。版画家としても国際的に活躍。平成6年毎日芸術賞,12年亀倉雄策賞。日本グラフィックデザイン協会会長,日本グラフィックデザイナー協会理事などをつとめる。大阪出身。東京芸大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永井一正の関連情報