コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永原与蔵(3代) ながはら よぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永原与蔵(3代) ながはら-よぞう

1850-1910 幕末-明治時代の陶工。
嘉永(かえい)3年生まれ。出雲(いずも)(島根県)布志名(ふじな)焼の名工として知られる。ろくろさばきがみごとで,色絵の茶碗(ちゃわん)や写しに技をみせた。明治43年死去。61歳。初名は房太郎。名は房則。印号は雲永。別号に洞雪。通称は永助とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永原与蔵(3代)の関連キーワード明治時代嘉永陶工

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android