コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永山 ナガヤマ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永山
ながやま

北海道中央部、旭川(あさひかわ)市北東部の地区。1890年(明治23)屯田兵村が置かれ、翌年永山村が設置された。名称は、屯田兵司令官で第2代北海道庁長官を務めた永山武四郎(たけしろう)にちなむ。1954年(昭和29)永山町となり、1961年旭川市に編入。石狩川と牛朱別(うししゅべつ)川に挟まれた上川(かみかわ)盆地にあり、良質多収を誇る米作地であったが、近年都市化が著しく、北旭川駅(貨物駅)を中心に大規模な流通団地がある。市街中心部が近い。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永山の関連キーワードアスコーマーチ!/県立明日香工業高校行進曲アンフェア the end少年への死刑適用と永山基準鹿児島県姶良郡湧水町川西ルートインジャパンゴーストタウンの花男山酒造り資料館永山則夫元死刑囚日本暴力団 組長大分県日田市丸山荒井 シャヌレロス・プリモスごめんね青春!遠い日のゆくえカンディハウス北海道旭川市永山 武四郎阿部みどり女河口 陽一金銀銅男山

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永山の関連情報