コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永山武四郎 ながやま たけしろう

3件 の用語解説(永山武四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永山武四郎 ながやま-たけしろう

1837-1904 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)8年4月24日生まれ。黒田清隆(きよたか)のもとで北海道開拓と屯田兵制度の創設にたずさわる。明治21年北海道庁長官。屯田兵廃止後の初代第七師団長となり,陸軍中将。貴族院議員。明治37年5月27日死去。68歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。日記に「周遊日記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永山武四郎

没年:明治37.5.27(1904)
生年:天保8.4.24(1837.5.28)
明治期の陸軍軍人。鹿児島(薩摩)藩士の子。明治5(1872)年北海道開拓使8等出仕に任命されてから,一貫して北海道の開拓,屯田に従事。18年5月屯田兵本部長に就任し,21年から3年間北海道庁長官を兼任,29年中将に進む。<参考文献>栃内元吉『男爵永山武四郎略伝』

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永山武四郎
ながやまたけしろう
(1837―1904)

明治時代の陸軍軍人、第2代北海道庁長官。天保(てんぽう)8年4月24日薩摩(さつま)国に生まれる。戊辰(ぼしん)戦争に従軍後、1871年(明治4)陸軍大尉となる。72年開拓使八等出仕となり、開拓次官黒田清隆(きよたか)の下で屯田兵(とんでんへい)制度の創設に尽力、77年の西南戦争には屯田兵第一大隊を率いて参戦した。85年屯田兵本部長となり、87年アメリカ、ロシア、清(しん)国の移民・農業制度などを視察して『周遊日記』を著した。88年には第2代道庁長官を兼任して上川開発に意を注ぎ、のち屯田兵司令官、第七師団長、貴族院議員などを歴任した。明治37年5月27日没。旭川(あさひかわ)市の旧永山兵村は彼の名にちなんでいる。[桑原真人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永山武四郎の関連キーワード浅田敢井上勝(2)鵜沢総司江副武靖土岐熊雄乃木勝典乃木保典林三子雄原口鶴次山崎景則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone