コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上川盆地 かみかわぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上川盆地
かみかわぼんち

北海道のほぼ中央に位置する盆地。西は天塩,幌内,夕張山地,東は北見,石狩山地で限られ,北方に名寄,南方に富良野の盆地が小丘陵をへだててある。東西の幅 25km,南北は約 37km,面積約 450km2。石狩川は盆地内を南西流し,旭川市で忠別川,美瑛川を合流。 1897年頃から水稲の栽培が行われ,高い収穫率を上げ,石狩平野と並ぶ穀倉地帯をなす。野菜,豆類などの畑作,果樹の栽培も行われる。永山,東旭川,当麻は 19世紀末にできた屯田兵村である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かみかわ‐ぼんち〔かみかは‐〕【上川盆地】

北海道中央部の盆地。気候は内陸性。米作が盛ん。旭川市がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

上川盆地【かみかわぼんち】

北海道中央部の盆地で旭川盆地ともいう。盆地底に石狩川,忠別川,美瑛川などが集まり,米作地帯を形成。冬季の寒さはきびしいが夏季は比較的高温。1891年以後屯田兵が開拓。
→関連項目愛別[町]美瑛[町]東神楽[町]比布[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみかわぼんち【上川盆地】

北海道の中央部にある東西20km,南北30kmの盆地。東の大雪・十勝火山,西の天塩・夕張山地に挟まれた,中央低地帯と呼ばれる南北に連なる盆地列の中央部を占め,北は低い安山岩山地で名寄盆地と,南は溶結凝灰岩の丘陵地で富良野盆地と境される。盆地床の標高は100~200mで,主として扇状地性砂礫質(されきしつ)の沖積堆積物からなり,北西部の近文台,南西部の神楽台は,沖積面との比高20~40m,いずれも十勝溶結凝灰岩を基盤とし厚さ5~10mの段丘堆積物をのせている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かみかわぼんち【上川盆地】

北海道中央部にある盆地。大陸性気候を示し、夏冬の気温差が大きい。米作地帯。中心は旭川市。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕上川盆地(かみかわぼんち)


北海道中部、石狩(いしかり)川上流域を占める盆地。東は大雪(たいせつ)山、西は天塩(てしお)山地・夕張(ゆうばり)山地に囲まれた内陸に位置する。中心都市は旭川(あさひかわ)市。内陸性気候で気温年較差(ねんこうさ)が大きい。1891年(明治24)から屯田兵による入植が始まり開拓が進行した。稲作とリンゴトマトジャガイモなど野菜・果樹栽培が盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上川盆地
かみかわぼんち

北海道の中央部にある大きな盆地。東に大雪(たいせつ)火山群、西に天塩(てしお)・夕張(ゆうばり)両山地があり、北は低い山地によって名寄(なよろ)盆地と、南は溶結凝灰岩の丘陵によって富良野(ふらの)盆地と境される。盆地床西部に旭川(あさひかわ)市があり、市街地西部で盆地を流れる石狩川などの主要河川が合流。気候は内陸的で、旭川の1月の平均気温は零下8.5℃、8月は20.9℃でその差は29℃以上である。
 盆地床は沖積堆積物(たいせきぶつ)からなる部分が多く、農耕地としても優れ、1891年(明治24)以降、永山(ながやま)・東旭川(旭川市)、当麻(とうま)に屯田兵(とんでんへい)村が置かれて開拓の基礎となった。1898年の鉄道開通後土地払下げが進み、稲作も早期に定着して、1920年代には盆地床は水稲単作地帯となった。水稲の収量水準は高いが、近年減反政策により畑作との複合経営への移行がみられる。道内の野菜生産地の一つで果菜が重要。工業は旭川に集中するが、木材や木製品工業などは各地で行われる。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

上川盆地の関連情報