コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上川 かみかわ

4件 の用語解説(上川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上川
かみかわ

新潟県東部,越後山脈の北部にある阿賀町南部の旧村域。 1886年福島県より新潟県に編入。 1954年西川村,東川村,上条村の3村が合体し上川村が成立。 2005年津川町,鹿瀬町,三川村と合体して阿賀町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かみかわ〔かみかは〕【上川】

北海道中央部の総合振興局。局所在地旭川市
北海道中央部、上川郡の地名。石狩川上流、大雪山北麓に位置し、南部に層雲峡がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみかわ【上川】

北海道中央部の支庁。支庁所在地、旭川市。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上川
かみかわ

新潟県北東部、東蒲原(ひがしかんばら)郡にあった旧村名(上川村(むら))。旧上川村は常浪(とこなみ)川上流地方の通称であった上川郷を村名とする。2005年(平成17)東蒲原郡津川(つがわ)町、鹿瀬(かのせ)町、三川(みかわ)村と合併して阿賀(あが)町となり、阿賀町の南部を占める。御神楽(みかぐら)岳、高陽山など1000メートル級の山に囲まれた豪雪地帯。各集落は、新潟・福島県境山地のY字形小支谷に分散する山村で、近世は小出紙の産地として知られた。上流の室谷・小瀬ヶ沢洞窟(どうくつ)は県下のもっとも古い縄文遺跡で国指定史跡。また極楽(ごくらく)寺の野中ザクラは国指定天然記念物。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上川の関連情報