上川(読み)かみかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上川
かみかわ

新潟県東部,越後山脈の北部にある阿賀町南部の旧村域。 1886年福島県より新潟県に編入。 1954年西川村,東川村,上条村の3村が合体し上川村が成立。 2005年津川町,鹿瀬町,三川村と合体して阿賀町となった。阿賀野川の支流常浪川などが丘陵性の山地を浸食し,谷に小集落が成立している。室谷洞窟小瀬ヶ沢洞窟 (ともに国指定史跡) などの縄文遺跡がある。極楽寺の野中ザクラは国の天然記念物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かみかわ【上川】

北海道中央部の支庁。支庁所在地、旭川市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上川
かみかわ

新潟県北東部、東蒲原郡(ひがしかんばらぐん)にあった旧村名(上川村(むら))。旧上川村は常浪(とこなみ)川上流地方の通称であった上川郷を村名とする。2005年(平成17)東蒲原郡津川(つがわ)町、鹿瀬(かのせ)町、三川(みかわ)村と合併して阿賀(あが)町となり、阿賀町の南部を占める。御神楽(みかぐら)岳、高陽山など1000メートル級の山に囲まれた豪雪地帯。各集落は、新潟・福島県境山地のY字形小支谷に分散する山村で、近世は小出紙の産地として知られた。上流の室谷・小瀬ヶ沢洞窟(どうくつ)は県下のもっとも古い縄文遺跡で国指定史跡。また極楽(ごくらく)寺の野中ザクラは国指定天然記念物。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かみかわ かみかは【上川】

[一] 北海道中央部の支庁。明治三〇年(一八九七)石狩川上流域を範囲に設置。同三二年、天塩(てしお)川上流域の上川郡、空知川上流域の空知郡を、同三四年、天塩川中流域の中川郡を、同三九年勇払郡の一部を編入した。支庁所在地は旭川。
[二] 北海道中央部、上川支庁中部の郡。石狩川上流域、上川盆地と大雪山群からなる。明治二年(一八六九)石狩国の一郡として成立。同三〇年上川支庁の所属となる。
[三] 北海道中央部、上川支庁北部の郡。天塩川の上流域にある。明治二年(一八六九)天塩国の一郡として成立。同三〇年増毛(ましけ)支庁に編入され、同三二年に上川支庁の所属となる。
[四] 北海道中南部、十勝支庁の郡。十勝川の上流域にある。明治二年(一八六九)十勝国の一郡として成立。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上川の関連情報