コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永島元長 ながしま もとなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永島元長 ながしま-もとなが

1826-1899 幕末-明治時代の治水家,医師。
文政9年9月13日生まれ。永島安竜の子。医を業とし,父とともに河口湖の水を生地の甲斐(かい)新倉(あらくら)村(山梨県富士吉田市)にひくため嘯(うそぶき)山の下をくりぬき水路をひらく。弘化(こうか)4年から20年を要し,水路は新倉掘抜とよばれた。明治32年10月30日死去。74歳。号は山陰,禹績。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永島元長の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android