永悟入道親王(読み)えいごにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永悟入道親王 えいごにゅうどうしんのう

1659-1676 江戸時代前期,後西(ごさい)天皇の第3皇子。
万治(まんじ)2年9月18日生まれ。賀子(がし)内親王養子。寛文9年親王となり,出家。天台宗園城寺(おんじょうじ)長吏と平等院門跡(もんぜき)をかねた。延宝4年11月1日死去。18歳。幼称は三宮。俗名は貴平(たかひら)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android