コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永松春洋 ながまつ しゅんよう

美術人名辞典の解説

永松春洋

日本画家。大分県生。十市王洋の門に入り、のち京都に出て田能邨直入に師事。日本美術協会員・日本画会員・名古屋南画会員。昭和6年歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永松春洋 ながまつ-しゅんよう

1850*-1931 明治-昭和時代前期の日本画家。
嘉永(かえい)2年12月17日生まれ。十市(とおち)王洋に文人画をまなび,のち田能村直入の門にはいった。昭和6年2月6日死去。83歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永松春洋の関連キーワード矢野 橋村矢野橋村嘉永