コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田能村直入 たのむら ちょくにゅう

美術人名辞典の解説

田能村直入

南画家。豊後生。字は顧絶、初め小虎と号し、のち直入と称する。田能村竹田に学び、竹田にその才能を認められ養嗣子となる。南宗画学校を開くなど、南画壇の向上に尽力した。明治40年(1907)歿、94才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田能村直入 たのむら-ちょくにゅう

1814-1907 江戸後期-明治時代の日本画家。
文化11年2月15日生まれ。生家は豊後(ぶんご)(大分県)の庄屋田能村竹田(ちくでん)の養子。明治元年京都にうつり,京都府画学校の設立に参画,14年初代校長。24年南宗画学校をひらき,29年日本南画協会を創立。明治40年1月21日死去。94歳。本姓は三宮。別号に小虎など。作品に「名花十二客」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田能村直入

没年:明治40.1.21(1907)
生年:文化11.2.15(1814.4.5)
明治期の南画家。豊後国竹田(大分県竹田市)生まれ。本姓三宮,幼名松太のち伝太。9歳のとき,田能村竹田に入門し,南画と唐詩選を学ぶ。さらに国学,陽明学,武術などを幅広く修学,竹田にその才を愛され,田能村の姓を継いだ。竹田没後,南宗画で家を興し,堺,大坂に住む。明治1(1868)年京都に移り,以後名を小虎,号を直入とした。同13年京都府画学校設立とともに,翌年その初代摂理(校長)となり,24年には自ら自宅に南宗画学校を開いた。近代の南画は京都で継続的発展をみたが,直入はその明治期の中心的人物であった。

(佐藤道信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田能村直入
たのむらちょくにゅう

[生]文化11(1814).豊後
[没]1907.1.21. 京都
江戸時代末期~明治初期の日本画家。旧姓は三宮。本名は癡。号は直入山樵,小虎山人,笠翁など。9歳で田能村竹田に師事,のち養子となって田能村姓を継ぐ。一時大坂に住み,明治初年に京都へ移住。京都府画学校の創立に尽し初代校長となり,また博覧会や絵画共進会の審査員をつとめた。主要作品『雪中山水図』 (1899) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田能村直入
たのむらちょくにゅう
(1814―1907)

幕末から明治の南画家。名は癡(ち)、字(あざな)は顧絶(こぜつ)、号は初め小虎(しょうこ)、のち直入と改める。別に笠翁(りゅうおう)、青椀(せいわん)、飯茶庵(はんさあん)主人などがある。豊後(ぶんご)(大分県)竹田の庄屋(しょうや)三宮氏に生まれ、9歳で田能村竹田(ちくでん)に画(え)を学ぶが、直入が田能村姓を冒した理由については不明。学問は初め郷里の角田九華(つのだきゅうか)に受け、のち大坂に出て篠崎小竹(しのざきしょうちく)に学ぶ。明治初年京都に移り、規格にはまった南画を描いていたが、公立の美術学校設立を首唱して1878年(明治11)建議書を府庁に提出。80年京都府画学校が開校されるや摂理兼画学講談担当となった。84年辞して、別に南宗画学校を創立。96年富岡鉄斎らと日本南画協会をおこす。博覧会、共進会の審査員となり、また多くの賞牌(しょうはい)を受けるなど、明治南画壇の長老的存在であった。[星野 鈴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

田能村直入の関連キーワード田能村小竹田能村直外児玉 果亭田之口青晃田近 竹邨永松 春洋田中 柏陰田能村小篁田能村小斎川村清雄楠 瓊州毛利梅友早川黎香児玉果亭富岡鉄斎明治時代桜井雲洞兼本春篁安田鴨波芳川笛村

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android