コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永松東海 ながまつ とうかい

2件 の用語解説(永松東海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永松東海 ながまつ-とうかい

1840-1898 幕末-明治時代の蘭方医,化学者。
天保(てんぽう)11年9月29日生まれ。永松玄洋の養子。長崎でボードインにまなび,明治7年東京司薬場(現国立衛生試験所)初代場長。日本薬局方編纂(へんさん)委員として日本薬局方の制定につくす。のち陸軍軍医学校教官。明治31年5月11日死去。59歳。肥前佐賀出身。本姓は原。著作に「生理学」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永松東海

没年:明治31.5.11(1898)
生年:天保11.9.29(1840.10.24)
幕末明治期の蘭方医,化学者。肥前国(佐賀県)佐賀の出身。本姓は原。蘭医ボードインに医学,化学を学び,佐賀の医家永松玄洋の養嗣子となる。明治維新後,大阪府医学校講師を勤めたのち明治7(1874)年初代東京司薬場長となり,その創設期の整備に尽力したが,病気のため1年足らずで退任,同8年5月から東京医学校で生理学を講じた。『日本薬局方』編纂委員のひとりとして薬局方制定に尽くし,陸軍軍医学校設立(1888)と共に同校教官となる。東京で没し,青山墓地に葬られた。<著作>『生理学』『定性化学試験要領』<参考文献>『国立衛生試験所百年史』

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永松東海の関連キーワード林洞海楢林宗建肥前風土記糸山貞幹杉田恭卿杉山帰一楢林栄建林研海船曳卓堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone