コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永松東海 ながまつ とうかい

2件 の用語解説(永松東海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永松東海 ながまつ-とうかい

1840-1898 幕末-明治時代の蘭方医,化学者。
天保(てんぽう)11年9月29日生まれ。永松玄洋の養子。長崎でボードインにまなび,明治7年東京司薬場(現国立衛生試験所)初代場長。日本薬局方編纂(へんさん)委員として日本薬局方の制定につくす。のち陸軍軍医学校教官。明治31年5月11日死去。59歳。肥前佐賀出身。本姓は原。著作に「生理学」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

永松東海

没年:明治31.5.11(1898)
生年:天保11.9.29(1840.10.24)
幕末明治期の蘭方医,化学者。肥前国(佐賀県)佐賀の出身。本姓は原。蘭医ボードインに医学,化学を学び,佐賀の医家永松玄洋の養嗣子となる。明治維新後,大阪府医学校講師を勤めたのち明治7(1874)年初代東京司薬場長となり,その創設期の整備に尽力したが,病気のため1年足らずで退任,同8年5月から東京医学校で生理学を講じた。『日本薬局方』編纂委員のひとりとして薬局方制定に尽くし,陸軍軍医学校設立(1888)と共に同校教官となる。東京で没し,青山墓地に葬られた。<著作>『生理学』『定性化学試験要領』<参考文献>『国立衛生試験所百年史』

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

永松東海の関連キーワードアヘン戦争社会小説アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流永松東海初山別(村)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone