江口 夜詩(読み)エグチ ヨシ

20世紀日本人名事典の解説

江口 夜詩
エグチ ヨシ

昭和期の作曲家



生年
明治36(1903)年7月1日

没年
昭和53(1978)年12月8日

出生地
岐阜県養老郡上石津町

本名
江口 源吾

学歴〔年〕
東京音楽学校(現・東京芸術大学)作曲科卒

経歴
海軍軍楽隊の一人として英国、フランス、イタリアなどに渡り、本場のクラシック音楽を学ぶ。帰国後、海軍委託生として6年間東京音楽学校で作曲修得。昭和5年ビクターから「夜の愁い」で作曲家デビュー。6年海軍退役後は日東、ポリドールで活躍。その後、コロムビア、再びポリドールを経て、24年キングレコードに。初期の作品は軍歌が多かったが、後に流行歌に転じる。作った歌はざっと4000曲。戦前の「十九の春」と「急げ幌馬車」は一期を画すヒットとなり、戦争中に作った「月月火水木金金」は戦後も愛唱された。ほかの代表作に「憧れのハワイ航路」「赤いランプの終列車」「長崎のザボン売り」「ひょうたんブギ」など数多い。また門下には若者たちがよく集まり、小畑実、岡晴夫、春日八郎らが巣立った。37年パーキンソン病で臥床し、以後闘病生活を余儀なくされた。故郷の上石津町には日本昭和音楽村・江口夜詩音楽記念館がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android