コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江崎悌三 えさき ていぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江崎悌三 えさき-ていぞう

1899-1957 昭和時代の昆虫学者。
明治32年7月15日生まれ。昭和5年九州帝大教授となる。昆虫分類学をはじめ,生物地理学,生物学史など多方面にわたり研究。日本昆虫学会会長,日本鱗翅(りんし)学会会長をつとめた。昭和32年12月14日死去。58歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本昆虫図鑑」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江崎悌三
えさきていぞう
(1899―1957)

昆虫学者。東京に生まれ、1923年(大正12)東京帝国大学理学部動物学科卒業。同年九州帝国大学助教授。1924年昆虫学研究のためヨーロッパに出発、1928年(昭和3)帰国。1930年九州帝国大学教授、理学博士の学位を受ける。その後、九州大学農学部長、教養部長、日本学術会議会員、日本昆虫学会会長、日本鱗翅(りんし)学会会長などを歴任した。水生半翅類分類の世界的権威で、国際昆虫学会議常任委員として国際的に活躍。昆虫全般、動物地理学、動物関係科学史にも造詣(ぞうけい)が深く、全国の昆虫研究者の尊敬と信頼を集めた。水生半翅類の分類のほか、日本とその近隣のチョウ、ミクロネシアの動物相、ウンカの生態などの研究に貢献が大きい。『日本昆虫図鑑』『動物学名の構成法』『土壌昆虫の生態と防除』『太平洋諸島の作物害虫と駆除』などの著書がある。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江崎悌三の関連キーワード江崎 悌三昭和時代三宅線

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android