コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸十里四方御構 えどじゅうりしほうおかまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸十里四方御構
えどじゅうりしほうおかまい

江戸時代に行われた追放刑の一種。江戸の日本橋から四方5里の範囲内に居住,立入りを禁じる刑罰。処罰対象は,朱印地の寺社領などを質入れした神官,僧侶,偽名奉公人請人となったり,偽名を知って奉公人を隠した請人など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えどじゅうりしほう‐おかまい〔えどジフリシハウおかまひ〕【江戸十里四方御構】

江戸時代の刑罰の一。罪人が江戸日本橋から四方へ5里ずつの範囲内に居住・立ち入りすることを禁止したもの。→江戸払(えどばらい)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えどじゅうりしほうおかまい【江戸十里四方御構】

江戸時代の刑罰の一。罪人を江戸日本橋を中心に四方五里内に立ち入ることを禁止した。 → 江戸払えどばら

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

江戸十里四方御構の関連キーワード江戸払

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android