コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸払 エドバライ

大辞林 第三版の解説

えどばらい【江戸払】

江戸時代の刑罰の一種。江戸市内に居住することを許さず、品川・板橋・千住・四谷大木戸および本所深川の町奉行支配地から外に追放した。これより重いものに江戸十里四方御構おかまいがあった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の江戸払の言及

【追放】より

…戦国期にも追放刑が多用され,江戸時代に受け継がれて幕府法,藩法,その他旗本など領主法上の制度として定着した。 江戸幕府の《公事方御定書(くじかたおさだめがき)》は6段階の追放刑,すなわち重追放(おもきついほう),中(なかの)追放,軽(かるき)追放,江戸十里四方追放,江戸払(えどばらい),所払(ところばらい)を掲げ,各刑について御構場所(おかまいばしよ)(立入禁止の地域)を定めている。重追放は武蔵,相模,上野,下野,安房,上総,下総,常陸,山城,摂津,和泉,大和,肥前,東海道筋,木曾路筋,甲斐,駿河を,中追放は武蔵,山城,摂津,和泉,大和,肥前,東海道筋,木曾路筋,下野,日光道中,甲斐,駿河を,軽追放は江戸10里四方,京,大坂,東海道筋,日光,日光道中を,それぞれ住居の国および犯行の国とあわせ御構場所とする。…

※「江戸払」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江戸払の関連キーワード江戸十里四方御構森田勘弥(9代)玉川庄右衛門鹿都部真顔四谷大木戸佐藤信淵狩野芳崖松宮観山荻生徂徠石川雅望石部琴好追放刑