コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸地廻り経済(読み)えどじまわりけいざい

百科事典マイペディアの解説

江戸地廻り経済【えどじまわりけいざい】

江戸時代中期以降に江戸とその近国(きんごく)の諸村に発達した商品生産と流通の市場で,その市場圏を江戸地廻り経済圏という。江戸に入る商品のうち京都・大坂からの下り荷の市場に対するもので,関八州(かんはっしゅう)や東海・奥羽などからの地廻り物は一次産品が主体であったが,醤油などの良質な商品が現れ,また生産量が高まるにつれて幕府もこうした流通圏の育成を奨励するようになった。これに伴い,在郷宿場町市場町などが江戸に荷を送る集荷拠点となり,江戸の問屋(といや)が派遣する買役(かいやく)などを通じて組織化されていった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android