コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸地廻り経済 えどじまわりけいざい

百科事典マイペディアの解説

江戸地廻り経済【えどじまわりけいざい】

江戸時代中期以降に江戸とその近国(きんごく)の諸村に発達した商品生産と流通の市場で,その市場圏を江戸地廻り経済圏という。江戸に入る商品のうち京都・大坂からの下り荷の市場に対するもので,関八州(かんはっしゅう)や東海・奥羽などからの地廻り物は一次産品が主体であったが,醤油などの良質な商品が現れ,また生産量が高まるにつれて幕府もこうした流通圏の育成を奨励するようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

江戸地廻り経済の関連キーワード問屋

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android