コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸歌(江戸唄) えどうた

世界大百科事典 第2版の解説

えどうた【江戸歌(江戸唄)】

三味線音楽の一種目。もとは京坂のみに伝承された江戸の長唄および豊後系浄瑠璃(常磐津,富本,清元)の総称。現在では上方歌の一部で,舞地(まいのじ)(伴奏)や寄席の音曲,下座歌として使われることが多い。文化年間(1804‐18)以降に使われたことばらしく,明治初年にかけて多くの稽古本,寄本類が刊行されている。【竹内 道敬】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の江戸歌(江戸唄)の言及

【地歌】より

…古くは盲人の扱った三味線音楽を総称して〈弦(絃)曲〉ともいい,語り物の〈浄瑠璃〉に対して,単に〈歌(うた)〉とも〈歌曲〉ともいったが,江戸ではこれを〈上方歌(唄)〉ともいい,また,専業者の関係から〈法師歌〉ということもあった。文化(1804‐18)ころに上方に江戸の三味線音楽が流入し,それらを〈江戸歌〉と総称するに至って,これに対して〈地歌〉と呼ぶようになった。《守貞謾稿》には,〈地唄〉と表記されているが,関西では〈唄〉の字の用字例は少ない。…

【長唄】より

…明治以降,本来は歌舞伎に付随していた三味線音楽の〈ながうた〉に対して,とくに〈長唄〉と表記することが普通となった。ただし,関西では他の江戸系の浄瑠璃や端唄とともに,〈江戸歌〉と総称することもあった。なお,地歌の細分類名称として〈長歌(ながうた)〉という分類もあるが,歌舞伎音楽の〈ながうた〉とは直接の関係はない。…

※「江戸歌(江戸唄)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android