コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸重通 えど しげみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江戸重通 えど-しげみち

1555-1598 織豊時代の武将。
弘治(こうじ)元年生まれ。江戸通政の子。常陸(ひたち)水戸城主。天正(てんしょう)18年佐竹義宣(よしのぶ)に城を追われ,妻の兄である下総(しもうさ)結城(ゆうき)(茨城県)の結城晴朝のもとにのがれた。慶長3年3月1日死去。44歳。通称は彦五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

江戸重通

没年:慶長3.3.1(1598.4.6)
生年:弘治1(1555)
戦国時代の武将。常陸国(茨城県)水戸城主。忠通の嫡孫。幼名は愛千代丸。通称彦五郎。但馬守に任ず。永禄7(1564)年に祖父が死去,同10年には病弱な父通政も死去するなど,幼少年期は試練の日々を送る。長じては,その苦労を糧に常陸中央部を越えて鹿島・行方両郡にまで進出,佐竹氏の傘下に属しつつも常陸第2の勢力に成長する。結城晴朝の娘を妻に迎え,織田信長とも直接交渉するなど大名並みの地位と実力を築いたが,天正18(1590)年,石田三成,佐竹義宣らの策謀によって水戸城を奪取され,義父晴朝のもとへ逃れ結城で死去。<参考文献>『水戸市史』上

(市村高男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

江戸重通の関連キーワードパウルス4世弘治宗教改革史(年表)チャップマン太閤検地陶晴賢陶晴賢の妻ウィクラム天文葛山城

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android