コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城晴朝 ゆうき はるとも

2件 の用語解説(結城晴朝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城晴朝 ゆうき-はるとも

1534-1614 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)3年8月11日生まれ。小山高朝(おやま-たかとも)の3男。伯父結城政勝(まさかつ)の養子となり,下総(しもうさ)結城城(茨城県)城主。天正(てんしょう)18年の小田原攻めでは豊臣方につく。同年徳川家康の次男秀康(ひでやす)を養子にむかえ家督をゆずる。慶長19年7月20日移封先の越前(えちぜん)北庄(きたのしょう)で死去。81歳。通称は七郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

結城晴朝

没年:慶長19.7.20(1614.8.25)
生年:天文3(1534)
戦国時代の武将。下総国結城城(茨城県結城市)城主。通称七郎。左衛門督に任ず。小山高朝の3男,叔父結城政勝の養子。永禄2(1559)年,政勝の死とともに家督を継いで古河公方足利義氏を擁する北条氏康に属したが,翌年に上杉謙信の関東出陣が始まると,北条・上杉両氏の抗争の間隙をついてよく家名を保つ。のち上杉氏が後退して北条氏の圧力が強まると,佐竹・宇都宮・那須氏と団結してこれに対抗した。この間,同盟の証として宇都宮国綱の弟朝勝を養嗣子とするが,天正18(1590)年これを廃し,羽柴秀康を養子に迎えて家督を譲り,結城氏を10万1000石の豊臣大名に発展させた。慶長6(1601)年,秀康に従って越前へ移住したが,結城への愛着の念捨てがたく,しきりに願文を作成し結城帰城を願った。福井で十余年の余生を送った。<参考文献>『結城市史』4巻

(市村高男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の結城晴朝の言及

【常陸国】より

…ついに後北条氏に荷担した大掾(府中),小田(小田),菅谷(土浦)などの諸氏は没落した。佐竹氏に次ぐ勢力を保持していた結城晴朝(下総結城城主)も秀吉の養子秀康(実は徳川家康次男)を養嗣子として自家の安全を図り,その領地は土浦方面を含む10万石余であった。このほか水谷(みずのや)(下館),多賀谷(たがや)(下妻)などの諸氏がいたが,佐竹・結城両氏に比してはるかに劣勢であった。…

※「結城晴朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

結城晴朝の関連キーワード結城氏朝結城足利春王丸結城顕頼結城氏朝(2)結城直光結城晴綱結城政勝結城政朝(1)結城政朝(2)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone