コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池永大虫 いけなが だいちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池永大虫 いけなが-だいちゅう

?-1871* 幕末の俳人。
児島大梅に師事。慶応3年「古今俳家合鑑」を刊行,自身を上島鬼貫(おにつら)に,三森幹雄貝増卓袋(かいます-たくたい)になぞらえたため,おこった幹雄に打たれ話題となる。明治初年,江戸日本橋で佐藤採花と同棲(どうせい)。明治3年12月18日死去。通称は量平。別号に藻魚庵,無弦。編著に「芭蕉翁真蹟拾遺」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池永大虫の関連キーワード児島大梅大虫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android