コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池永大虫 いけなが だいちゅう

1件 の用語解説(池永大虫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池永大虫 いけなが-だいちゅう

?-1871* 幕末の俳人。
児島大梅に師事。慶応3年「古今俳家合鑑」を刊行,自身を上島鬼貫(おにつら)に,三森幹雄貝増卓袋(かいます-たくたい)になぞらえたため,おこった幹雄に打たれ話題となる。明治初年,江戸日本橋佐藤採花と同棲(どうせい)。明治3年12月18日死去。通称は量平。別号に藻魚庵,無弦。編著に「芭蕉翁真蹟拾遺」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

池永大虫の関連キーワード児島大梅浦香雨岡田卓朗鹿児島大学梅に鶯鹿児島県霧島市霧島大窪相羽仙夫児島大圭小島梅外小森卓朗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone