コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汪応祖 おう・おうそ

1件 の用語解説(汪応祖の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

汪応祖

没年:尚思紹9(1414)
生年:生年不詳
古琉球三山時代の山南(南山)の王。先代の王承察度に子がなく従弟の汪応祖が後を嗣いだ。武寧9(1404)年,明の成祖の冊封を受けた。在位中の11年間に毎年のように進貢使を派遣し,盛んに対中国貿易を展開。武寧9年に派遣使節が磁器を密買するという不祥事を起こしたが,「遠人利あるを知り,禁あるを知らず」として許された。その翌年,寨官(按司)の子李傑を官生(国費留学生)として派遣。尚思紹9(1414)年兄の達勃期に殺害されたが,諸臣は連合して達勃期を討ち,王位は汪応祖の子の他魯毎に継承された。しかしその間の事情は必ずしも明確ではない。汪英紫氏の子とする説もあるが,明らかではない。<参考文献>嘉手納宗徳『琉球史の再考察』

(田名真之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汪応祖の関連キーワード南山三山先王先先代先代今帰仁城跡承察度王玉城王他魯毎王攀安知王

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

汪応祖の関連情報