コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汲汲 キュウキュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐きゅう〔キフキフ〕【××汲】

[ト・タル][文][形動タリ]一つのことに一心に努めて、他を顧みないさま。また、あくせくしてゆとりのないさま。「汲汲として一生を終える」
「自己の勢力を扶植するに―たるを知っていたので」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうきゅう【汲汲】

( トタル ) [文] 形動タリ 
一つの事に一心に努めるさま。また、小事にあくせくするさま。 「 -として働く」 「財と位に-たる父/露団々 露伴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

汲汲の関連キーワード丘・久・九・仇・休・厩・及・吸・嗅・宮・弓・急・救・旧・朽・柩・毬・求・汲・泣・灸・球・究・穹・窮・笈・糺・糾・級・給・臼・舊・躬・鳩トタル露伴

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android