コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

齷齪/偓促 アクサク

デジタル大辞泉の解説

あく‐さく【××齪/×促】

[副](スル)あくせく(齷齪)」に同じ。
「蓋(けだ)し彼れ本より―斗筲(とそう)の才にして」〈東海散士佳人之奇遇

あく‐せく【××齪/×促】

[副](スル)《「あくさく」の音変化》細かいことを気にして、落ち着かないさま。目先のことにとらわれて、気持ちがせかせかするさま。「―(と)働く」「つまらないことに―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あくそく【齷齪】

( 副 ) スル
あくせく(齷齪) 」に同じ。 「文学士は売文に-する/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

齷齪/偓促の関連キーワードいじかり股齷齪・偓促かわく遑遑黄白拘拘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android