齷齪/偓促(読み)アクサク

デジタル大辞泉の解説

あく‐さく【××齪/×促】

[副](スル)あくせく(齷齪)」に同じ。
「蓋(けだ)し彼れ本より―斗筲(とそう)の才にして」〈東海散士佳人之奇遇

あく‐せく【××齪/×促】

[副](スル)《「あくさく」の音変化》細かいことを気にして、落ち着かないさま。目先のことにとらわれて、気持ちがせかせかするさま。「―(と)働く」「つまらないことに―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐さく【齷齪】

[1] 〘副〙 =あくせく(齷齪)〔壒嚢鈔(1445‐46)〕
[2] 〘形動ナリ〙 (中国の近世語から) きたないさま。みにくいさま。
※通俗赤縄奇縁(1761)二「朱重原来老実の者にて、又蘭花が貌齷齪(アクサク)(〈注〉キタナイ)なれば」

あく‐せく【齷齪】

〘副〙 (「あくさく」の変化した語) 心にゆとりがなく、目先にだけ心をうばわれたようにせわしく事を行なうさまを表わす語。
※雑俳・筑丈評万句合(1746‐48)「あくせくでかせいだ暮の餠の重」
※和英語林集成(再版)(1872)「Akuseku(アクセク) シテ ハタラク」

あく‐そく【齷齪】

〘副〙 =あくせく(齷齪)〔音訓新聞字引(1876)〕
社会百面相(1902)〈内田魯庵〉温泉場日記「文学士売文に齷齪(アクソク)する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android