孜孜(読み)シシ

デジタル大辞泉の解説

し‐し【××孜】

[ト・タル][文][形動タリ]熱心に努め励むさま。「孜孜として研究を続ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しし【孜孜】

( トタル ) [文] 形動タリ 
熱心に励むさま。孳孳じじ。 「 -として研究に従事する」 「君子は己を修むるに-たり/欺かざるの記 独歩
( 副 )
に同じ。 「 -勉強して能く身を立て/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐し【孜孜】

〘形動タリ〙 学問、仕事などにいっしょうけんめい励み努力してやすまないさま。なまけないで熱心につとめるさま。孳孳(じじ)
※菅家文草(900頃)四・苦日長「結綬与垂帳、孜々又汲々」
福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉六八「人生孜々(シシ)として独立の生計を営む、甚だ善し」 〔書経‐君陳〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android