コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済む(読み)スム

デジタル大辞泉の解説

す・む【済む】

《「澄む」と同語源》
[動マ五(四)]
物事がすっかり終わる。「契約が―・む」「株主総会が無事に―・んだ」
借りを全部返す。「借金が―・む」
予想していた程度以下や範囲内で収まる。解決される。また、その場はそれで用が足りる。間に合う。「幸い、軽傷で―・んだ」「電話一本で―・むことだ」「罰金だけで―・んだ」
気持ちのうえで満足する。気持ちが安らぐ。「君の気が―・むまでなぐってくれ」
他人に対して言い訳が立つ。多く、打消し・反語の意を表す語を伴って、他人に謝罪する際に用いる。「ほんとに―・まなかったね」「あやまって―・む問題ではない」→済まない済みません
[動マ下二]得心がゆく。納得する。
「―・めぬ事若後家五つ指を折り」〈柳多留・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すむ【済む】

( 動五[四] )
〔「澄む」と同源〕
物事が終わる。終了する。 「仕事が早く-・む」 「宿題がまだ-・まない」 「この車はまだローンが-・んでない」
事態が解決・解消する。かたがつく。 「はしかも軽くて-・んだ」 「大事に至らずに-・んだ」
用が足りる。まにあう。 「暖かいのでオーバーなしで-・む」 「電話で話が-・むような簡単な用件」
気持ちがおさまる。気持ちがはれる。 「それでは私の気が-・みません」
他人に対して義理がたつ。申し訳がたつ。多く打ち消し・反語の形で用いる。 「謝って-・むことではない」 「これで-・むと思ったら大まちがいだぞ」 〔「済ます」に対する自動詞〕 → すまないすみません

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

済むの関連情報