済む(読み)スム

デジタル大辞泉「済む」の解説

す・む【済む】

《「澄む」と同語源》
[動マ五(四)]
物事がすっかり終わる。「契約が―・む」「株主総会が無事に―・んだ」
借りを全部返す。「借金が―・む」
予想していた程度以下や範囲内で収まる。解決される。また、その場はそれでが足りる。間に合う。「幸い、軽傷で―・んだ」「電話一本で―・むことだ」「罰金だけで―・んだ」
気持ちのうえで満足する。気持ちが安らぐ。「君の気が―・むまでなぐってくれ」
他人に対して言い訳が立つ。多く、打消し・反語のを表す語を伴って、他人に謝罪する際に用いる。「ほんとに―・まなかったね」「あやまって―・む問題ではない」→済まない済みません
[動マ下二]得心がゆく。納得する。
「―・めぬ事若後家五つ指を折り」〈柳多留・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例