落着く(読み)オチツク

デジタル大辞泉「落着く」の解説

おち‐つ・く【落(ち)着く/落(ち)付く】

[動カ五(四)]
移り動いていた物事が安定した状態になる。
居所や職業が決まって、そこにとどまる。「新居に―・く」「やっと今の仕事に―・く」
㋑大きな変動のない、安定した状態になる。また、事件などが鎮まる。「病状が―・く」「騒ぎが―・く」
㋒心が安まる。「気持ちが―・く」
㋓流動的であったものに決着がつく。「結局、原案に―・く」
言動が、慌てず静かである。また、堂々としている。沈着である。「―・いた人」「―・いた話し方」「―・いて行動する」
その場にしっくりあてはまる。うまく調和する。「この上着ズボンとでは―・かない」
渋くて上品な感じがする。「―・いた色合い」
安心する。得心する。
「やれやれ、そなたのを聞いて―・いた」〈虎寛狂・惣八
[可能]おちつける
[動カ下二]おちつける」の文語形
[類語]1㋐)収まる居着く定着する腰を据える/(1㋑)治まるしずまる定まる鎮静する沈静する収束する安定する/(1㋒)静まる安まる安らぐくつろぐ憩うリラックス休む/(1㋓)収まる落着する決着する帰着するけりが付く/(2)(態度、言動の落ち着いているさま)冷静沈着平静悠揚悠然泰然綽然しゃくぜん自若どっしり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android