コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

決(ま)る/極まる キマル

デジタル大辞泉の解説

きま・る【決(ま)る/極まる】

[動ラ五(四)]
不確か・未決定であった物事が最終的にはっきりして、動かない状態になる。さだまる。決定する。「方針が―・る」「有罪と―・る」
変わらないで同じである。一定している。「毎朝―・った道を通る」「買う店が―・っている」
(「…にきまっている」の形で)疑う余地がなく、当然である。きっとそうである。また、必ずそうなる。「冬は寒いに―・っている」「そんなことを言われれば、だれだって怒るに―・っている」
スポーツや勝負事で、技がうまくかかったり、ねらいどおりに運んだりする。また、勝負がつく。「背負い投げが―・る」「速攻が―・る」「東土俵で―・る」
(「きまっている」「きまってる」の形で)物事の型や服装などが、きちんとかっこうよくおさまる。さまになる。「背広が―・っている」
歌舞伎などで、演技が高潮に達するか、ひと区切りついたとき、役者が形をつけたままでその動きをとめる。「花道の七三(しちさん)で―・る」
男女の仲がうまくまとまる。
「今夜はお楽しみだの、―・ったのと、一座の女郎衆に言はれたが」〈洒・部屋三味線〉

さく・る【決る/×抉る/×刳る】

[動ラ五(四)]土などをすくい取る。また、掘りうがつ。掘る。
「枝は挫(くじ)けて其先が庭の土を―・った」〈長塚

しゃく・る【決る/×抉る/×杓る/×刳る】

《「さくる」の音変化》
[動ラ五(四)]
中がくぼむように、えぐる。「シャベルで砂を―・る」
すくうようにして上げる。しゃくう。「船底の水を―・る」
あごを前に出して頭部をやや後ろに引く。「あごを―・る」
すくうようにして動かす。あやつる。「つり糸を―・る」
そそのかす。おだてる。
「作さんも誰かに―・られたと見えて、来なくなってしまうし」〈魯文安愚楽鍋
[可能]しゃくれる
[動ラ下二]しゃくれる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

決(ま)る/極まるの関連キーワードモノステーブル・マルチバイブレータ雇用・利子および貨幣の一般理論クールノ=ナッシュ均衡フェデラル・ファンドアセット・アプローチハイゼンベルク模型限界効用均等の法則非ニュートン流体プライム・レートパッシェンの法則注入型電界発光誘発的技術進歩マース・カラー闘牛[日本]テスラ変圧器多数キャリア大口定期預金組合せ的爆発確率システムブースト圧力

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android