沈着症(読み)ちんちゃくしょう(英語表記)deposition

翻訳|deposition

世界大百科事典 第2版の解説

ちんちゃくしょう【沈着症 deposition】

外来性の物質あるいは自己の産生する物質が生体組織に沈着し変色すること。外来物質によっておこるものには炭粉沈着症(,リンパ節が黒色化),銀沈着症(硝酸銀服用で皮膚,粘膜内臓が灰色化),(なまりえん)(鉛を含む化粧品の使用で歯肉に硫化鉛が沈着),また入墨がある。自己の物質では,黒色色素メラニン(そばかすほくろ悪性黒色腫),褐色色素リポフスチンの沈着(萎縮性臓器),血色素(生理的に,あるいは多量の輸血後,血色素が崩壊して,鉄を含む色素が沈着する),胆汁色素(黄疸)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の沈着症の言及

【堆積作用】より

…こうして,堆積作用には物理的・化学的・生物的要因が関連しあって多種多様な性質をもつ堆積物が作られる。
[沈積作用deposition]
 固体粒子が流体中を移動,沈積して静止するまでの過程,または水中に溶けている物質が蒸発作用,バクテリアの作用,化学的環境の変化,温度変化などにより沈殿する現象をいう。流動粒子の沈積と停止(堆積)を示す粒径と流速の関係についてはユルストレームF.HjulströmとスンドボルグÅ.Sundborgのグラフで一般に示される(図)。…

※「沈着症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沈着症の関連情報