コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢海藩 そうみはん

2件 の用語解説(沢海藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沢海藩
そうみはん

江戸時代前期,越後国蒲原郡沢海 (現在の新潟県新潟市) を領有した藩。慶長 15 (1610) 年新発田藩初代藩主,溝口秀勝の二男善勝が沢海に居城を定め,1万 4000石,のち1万石を領する。貞享4 (1687) 年の除封後は旗本小浜氏の知行所となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢海藩
そうみはん

越後(えちご)国蒲原(かんばら)郡沢海(新潟県新潟市北区および江南区横越(よこごし)地区)周辺を領有した藩。外様(とざま)。新発田(しばた)藩の支藩。会津や新潟との通船に便な阿賀野(あがの)川に接した沢海に陣屋を置いた。藩祖は溝口善勝(みぞぐちよしかつ)。1610年(慶長15)に溝口秀勝の遺領のうち、蒲原郡内1万石、同新田打出し分2000石、幕府宛行(あてがい)地(上野(こうずけ)国)2000石、計1万4000石で立藩した。2代政勝は1634年(寛永11)弟助勝に3000石、同安勝に1000石を分知し、自らは1万石を相続した。4代政親のとき酒乱の理由で1687年(貞享4)廃藩となった。その後幕領、ついで1707年(宝永4)から旗本小浜行隆の知行(ちぎょう)となった。沢海藩の支配制度は本藩に倣ったが、1684年総検地を行い、土地制度を改め、1反を360歩から300歩にした。[中村義隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沢海藩の関連キーワード越後獅子奥山荘新潟県南蒲原郡田上町田上新潟県東蒲原郡阿賀町豊実新潟県西蒲原郡弥彦村麓加藤順蔵田辺小兵衛溝口政勝溝口政良紫雲寺潟新田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone