コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田一斎 さわだ いっさい

1件 の用語解説(沢田一斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢田一斎 さわだ-いっさい

1701-1782 江戸時代中期の儒者,出版者。
元禄14年2月19日生まれ。京都の書店風月堂の主人。若林強斎にまなび,岡白駒らとまじわり,中国語学にすぐれた。中国白話小説の訓訳を手がけ,日本の古典などの写本をのこしたほか,おおくの学術書を出版した。天明2年2月24日死去。82歳。名は重淵,文拱。通称は風月庄左衛門。別号に奚疑斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の沢田一斎の言及

【小説】より

…【海老根 宏】
[日本における小説の成立]
 〈小説〉という言葉は,《漢書》芸文志(げいもんし)に〈小説家流は,蓋し稗官より出づ〉とあるのが,もっともはやい用例の一つだが,日本で文学ジャンルとしての〈小説〉が,識者の注目を集めるようになったのは,中国語研究の教材として輸入された白話小説が,愛読されはじめた18世紀初頭のことであった。いわゆる三言二拍から抄訳した岡白駒の《小説精言》(1743),《小説奇言》(1753),沢田一斎の《小説粋言》(1758)の刊行は,〈小説〉という言葉を読書人のあいだに定着させた。近世後期に登場した読本(よみほん)のジャンルは,都賀(つが)庭鐘の《英草紙(はなぶさぞうし)》(1749)にはじまり,建部(たけべ)綾足,上田秋成,山東京伝,曲亭馬琴らの作家を輩出するが,彼らが翻案の材源,ないしは創作の規範として求めたのは,明・清の白話小説であった。…

【和刻三言】より

…江戸中期の儒者岡白駒(はつく)とその門人沢田一斎が,中国の白話短編小説に訓点・傍訓を施して刊行した三つの書物。白駒による《小説精言》(4巻4冊。…

※「沢田一斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沢田一斎の関連キーワード入江正雄植村棋園小倉無邪加々美紅星栗原桶川竹内長水滕元鳳二階堂慎叟丹羽雲気原雲沢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone