コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河内(こうち)赤かぶ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

河内赤かぶ[根菜・土物類]
こうちあかかぶ

北陸甲信越地方、福井県の地域ブランド。
主に福井市河内地域で生産されている。平家の落人から伝わったという。土地特有の品種で、円形に艶やかな赤色をしており、ほろ苦さのなかにも甘みと辛みのある独特の風味をもつ。酢漬けにすると、色の鮮やかさが増す。硬い肉質であり、煮物などに向く。10月下旬から降雪前まで収穫される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android