コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原崎権之助(初代) かわらさき ごんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原崎権之助(初代) かわらさき-ごんのすけ

1596-1690 江戸時代前期の歌舞伎役者,座元。
慶長元年生まれ。能太夫から歌舞伎役者となる。慶安元年江戸で能芝居の河原崎座をひらく。寛文8年木挽(こびき)町に河原崎権之助座を創設,歌舞伎を興行した。また作者として「曾我(そが)」などを脚色した。元禄(げんろく)3年7月22日死去。95歳。前名は河原崎小左衛門。屋号は山崎屋。著作に「舞曲扇林」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河原崎権之助(初代)の関連キーワード慶長の大地震オーノア夫人ホイヘンス土肥[町]カソボン慶長チャップマン写本とげぬき地蔵天文学史(年表)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android