コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘベリウス ヘベリウスHevelius, Johannes

4件 の用語解説(ヘベリウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘベリウス
ヘベリウス
Hevelius, Johannes

[生]1611.1.28. グダニスク
[没]1687.1.28. グダニスク
ポーランド天文学者。グダニスク (ドイツダンチヒ) の貴族の出身。醸造家,市会議員ライデン大学卒業後,グダニスクに天文台を設立,生涯観測活動を続けた。 1647年に史上初の詳細な月面図を作成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘベリウス

ドイツの天文学者。ダンチヒで公職に就くかたわら天文観測をつづける。1690年《星図》を出版,たて座,とかげ座など7星座を新設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘベリウス【Johannes Hevelius】

1611‐87
ドイツの天文学者。醸造家の息子としてダンチヒ(現,グダンスク)に生まれる。ライデン大学で法律を修めたが,もともと天文学に関心が強く,ロンドン,パリなどを歴訪ののちダンチヒへ戻り,市の公職を務めながら,天文観測をつづけ,観測器具の作製にも力を尽くした。A.キルヒャー,E.ハリー,P.ガッサンディら当代一流の知識人との交流も繁かった。著作としては《月面譜》(1647),《彗星譜》(1668),観測器具を扱った《天体機械》(1673),恒星の星座カタログを扱った《天文序説》(1690)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘベリウス
へべりうす
Johann Hevelius
(1611―1687)

ドイツの天文学者。初期の月面詳細図の製作者。ダンツィヒに生まれ、ライデン大学で数学と法律を修めた。卒業後、ヨーロッパ各国を遊学し、1641年帰国に及んで私設天文台を建立し、妻の協力のもとで天体観測を楽しんだ。1642~1645年おもに太陽を観測し、太陽の自転周期を正確に定め、また黒点近傍の輝部をファキラ(白斑(はくはん))とよんだ。1644年に水星の位相を測定した。1647年には10年来の月面の継続観測の成果を『セレノグラフィア』(『月面誌』)として刊行した。これには詳細な地形図が含まれ、白く輝く凸出部分を「山」、薄暗い平たい部分を「海」とよんだ。また山脈には地球上の山脈名をあてた。これらの観測には長焦点の望遠鏡を用いたが、1657年には肉眼で北半球の恒星を観察し始めた。その成果として『ウラノグラフィア』(『星天図』)のなかに1500個の星を収録した。そのほかに1654年と1668年に彗星(すいせい)の記録を公刊し、その軌道が放物線であることを示唆した。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘベリウスの関連キーワード由良国繁後水尾天皇鳥谷敬松坂屋ホールディングス大丸松坂屋松江城多摩動物公園浅野長政加藤清正

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone