コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘベリウス Hevelius, Johannes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘベリウス
Hevelius, Johannes

[生]1611.1.28. グダニスク
[没]1687.1.28. グダニスク
ポーランドの天文学者。グダニスク (ドイツ名ダンチヒ) の貴族の出身。醸造家,市会議員。ライデン大学卒業後,グダニスクに天文台を設立,生涯観測活動を続けた。 1647年に史上初の詳細な月面図を作成。彼の名づけた月面上の山の名のいくつかは現在も用いられている。またほとんど望遠鏡を用いずに,1500に及ぶ恒星の位置決定を行い,当時最高水準の星表をつくった。これらの月面図,星表は,共同研究者でもあった妻によって,彼の死後『天文報告』 Prodromus Astronomiae (1690) として刊行された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘベリウス

ドイツの天文学者。ダンチヒで公職に就くかたわら天文観測をつづける。1690年《星図》を出版,たて座とかげ座など7星座を新設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘベリウス【Johannes Hevelius】

1611‐87
ドイツの天文学者。醸造家の息子としてダンチヒ(現,グダンスク)に生まれる。ライデン大学で法律を修めたが,もともと天文学に関心が強く,ロンドン,パリなどを歴訪ののちダンチヒへ戻り,市の公職を務めながら,天文観測をつづけ,観測器具の作製にも力を尽くした。A.キルヒャー,E.ハリー,P.ガッサンディら当代一流の知識人との交流も繁かった。著作としては《月面譜》(1647),《彗星譜》(1668),観測器具を扱った《天体機械》(1673),恒星の星座カタログを扱った《天文序説》(1690)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘベリウス
へべりうす
Johann Hevelius
(1611―1687)

ドイツの天文学者。初期の月面詳細図の製作者。ダンツィヒに生まれ、ライデン大学で数学と法律を修めた。卒業後、ヨーロッパ各国を遊学し、1641年帰国に及んで私設天文台を建立し、妻の協力のもとで天体観測を楽しんだ。1642~1645年おもに太陽を観測し、太陽の自転周期を正確に定め、また黒点近傍の輝部をファキラ(白斑(はくはん))とよんだ。1644年に水星の位相を測定した。1647年には10年来の月面の継続観測の成果を『セレノグラフィア』(『月面誌』)として刊行した。これには詳細な地形図が含まれ、白く輝く凸出部分を「山」、薄暗い平たい部分を「海」とよんだ。また山脈には地球上の山脈名をあてた。これらの観測には長焦点の望遠鏡を用いたが、1657年には肉眼で北半球の恒星を観察し始めた。その成果として『ウラノグラフィア』(『星天図』)のなかに1500個の星を収録した。そのほかに1654年と1668年に彗星(すいせい)の記録を公刊し、その軌道が放物線であることを示唆した。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘベリウスの関連キーワードファブリキウス(David Fabricius)いっかくじゅう座(一角獣座)ろくぶんぎ座(六分儀座)りょうけん座(猟犬座)こじし座(小獅子座)やまねこ座(山猫座)こぎつね座(小狐座)とかげ座(蜥蜴座)天文学史(年表)たて座(楯座)ファブリチウスケフェウス座ろくぶんぎ座ヘヴェリウスりょうけん座おおぐま座こぎつね座やまねこ座北島見信こじし座

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android