河原鳩(読み)カワラバト

大辞林 第三版の解説

かわらばと【河原鳩】

ハト目ハト科の鳥。ドバトの原種。体は灰色で、頸と胸は光沢のある緑色もしくは紫色。翼に二本、尾に一本の黒帯がある。ヨーロッパから中国まで分布し、海岸の断崖や洞窟にすむ。日本にはいない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かわら‐ばと かはら‥【河原鳩】

〘名〙 ハト科の鳥。イエバトの原種。全長約四〇センチメートル。イエバトに似て体は灰色、くびは緑と紫の金属光沢を帯びる。翼に二黒帯、尾の先端に一黒帯がある。岩山の裂け目などに巣をつくり、大群をなしてすむ。ヨーロッパ、アジア南部に広く分布するが、日本にはいない。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android