コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏鳩 カラスバト

大辞林 第三版の解説

からすばと【烏鳩】

ハト目ハト科の鳥。全長40センチメートルに達する大形のハト。全身黒色で、胸と首は緑色の光沢があり、脚は赤、くちばしは暗緑色。日本特産種で、本州南部に分布したが、原生林の伐採にともない激減。伊豆七島・沖縄諸島の島々の常緑広葉樹林にすむ。鳴き声がウシに似ることからウシバトともいう。天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

烏鳩 (カラスバト)

学名:Columba janthina
動物。ハト科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

烏鳩の関連キーワード常緑広葉樹林くちばし沖縄諸島伊豆七島原生林暗緑色島々ハト伐採

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android