コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏鳩 カラスバト

大辞林 第三版の解説

からすばと【烏鳩】

ハト目ハト科の鳥。全長40センチメートルに達する大形のハト。全身黒色で、胸と首は緑色の光沢があり、脚は赤、くちばしは暗緑色。日本特産種で、本州南部に分布したが、原生林の伐採にともない激減。伊豆七島・沖縄諸島の島々の常緑広葉樹林にすむ。鳴き声がウシに似ることからウシバトともいう。天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android