コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村益根 かわむら

美術人名辞典の解説

河村益根

江戸後期・幕末の国学者。尾張生。国学者河村秀根の二男。通称は培二郎等、号に乾堂、上野等。家学の国学を修め、岡田新川に儒学を学ぶ。書・詩歌・雅楽を能くした。文政2年(1819)歿、64才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村益根 かわむら-ますね

1756-1819 江戸時代後期の国学者,儒者。
宝暦6年1月12日生まれ。河村秀根の次男。家学の国学をおさめ,岡田新川に儒学をまなぶ。生涯仕官せず,父の仕事をついで「続紀集解(しゅうげ)」など五国史の注釈書をあらわした。雅楽をこのみ,その演奏にすぐれた。文政2年11月12日死去。64歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は培二郎。号は乾堂,上野。著作はほかに「紀典学解釈」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone