コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古詩十九首 こしじゅうきゅうしゅGu-shi shi-jiu-shou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古詩十九首
こしじゅうきゅうしゅ
Gu-shi shi-jiu-shou

中国,古代の五言詩。『文選 (もんぜん) 』巻二十九に収録されている作者名のない一群の五言詩 19首をさし,単に「古詩」と呼ぶこともある。うち9首は『玉台新詠』に前漢の枚乗 (ばいじょう) の作,1首は『文心雕竜 (ぶんしんちょうりょう) 』に後漢の傅毅 (ふき) の作として収められているが定かではない。古くからの民謡に,後漢の頃,文人が手を加えて成ったものと考えられる。定型的な五言詩の最も初期の作であり,民謡らしい素朴な表現のうちに,深い無常感に裏打ちされた別離の悲しみ,生命のはかなさなどをうたった詩が多い。建安 (196~219) 以降の詩人に大きな影響を与え,多くの模倣作を生んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古詩十九首
こしじゅうきゅうしゅ

中国、『文選(もんぜん)』巻29に収める作者不詳の五言詩。前漢から後漢(ごかん)にかけて成立した五言詩の代表的な作品を集めたもので、一部を除き、ほとんどは後漢の時期の作品と推定される。「古詩」はこの場合、作者不詳の古い詩の意。ただし作者に関しては、『玉台新詠(ぎょくだいしんえい)』では19首中の8首を前漢の枚乗(ばいじょう)の作とし、ほかにも後漢の傅毅(ふき)、魏(ぎ)の文人たちを作者に特定する説が諸書にみえるが、いずれも確証に乏しく、疑わしい。むしろ作品の内容から考えれば、名のある文人の作とするよりは、民間歌謡としての色彩が濃い。当時、民間に流行していた楽府(がふ)歌謡から生まれた五言詩の最初期の作品が集められているのであろう。十九首全体は、別離や不遇あるいは人間の短命など、人生の悲しみや不満を歌う叙情的なもので、民衆の共通感覚を反映する。『文選』編纂(へんさん)当時、数十首に上る「古詩」が存在していたらしいが、いまは十九首以外に十数首が伝わるだけである。[佐藤 保]
『「推移の悲哀――古詩十九首の主題」(『吉川幸次郎全集6』所収・1968・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

古詩十九首の関連キーワード去る者は日日に疎し越鳥南枝に巣くう胡馬北風に依る中国文学詩品枉駕

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android