コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古詩十九首 こしじゅうきゅうしゅ Gu-shi shi-jiu-shou

2件 の用語解説(古詩十九首の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古詩十九首
こしじゅうきゅうしゅ
Gu-shi shi-jiu-shou

中国,古代の五言詩。『文選 (もんぜん) 』巻二十九に収録されている作者名のない一群の五言詩 19首をさし,単に「古詩」と呼ぶこともある。うち9首は『玉台新詠』に前漢の枚乗 (ばいじょう) の作,1首は『文心雕竜 (ぶんしんちょうりょう) 』に後漢の傅毅 (ふき) の作として収められているが定かではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古詩十九首
こしじゅうきゅうしゅ

中国、『文選(もんぜん)』巻29に収める作者不詳の五言詩。前漢から後漢(ごかん)にかけて成立した五言詩の代表的な作品を集めたもので、一部を除き、ほとんどは後漢の時期の作品と推定される。「古詩」はこの場合、作者不詳の古い詩の意。ただし作者に関しては、『玉台新詠(ぎょくだいしんえい)』では19首中の8首を前漢の枚乗(ばいじょう)の作とし、ほかにも後漢の傅毅(ふき)、魏(ぎ)の文人たちを作者に特定する説が諸書にみえるが、いずれも確証に乏しく、疑わしい。むしろ作品の内容から考えれば、名のある文人の作とするよりは、民間歌謡としての色彩が濃い。当時、民間に流行していた楽府(がふ)歌謡から生まれた五言詩の最初期の作品が集められているのであろう。十九首全体は、別離や不遇あるいは人間の短命など、人生の悲しみや不満を歌う叙情的なもので、民衆の共通感覚を反映する。『文選』編纂(へんさん)当時、数十首に上る「古詩」が存在していたらしいが、いまは十九首以外に十数首が伝わるだけである。[佐藤 保]
『「推移の悲哀――古詩十九首の主題」(『吉川幸次郎全集6』所収・1968・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古詩十九首の関連キーワード五言詩本朝文選門前文選読み五言五言絶句五言律詩直江版蜂腰石川県輪島市門前町門前

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone