河越城の戦(読み)かわごえじょうのたたかい

世界大百科事典 第2版「河越城の戦」の解説

かわごえじょうのたたかい【河越城の戦】

1545年(天文14)から翌年にかけておこなわれた後北条氏山内・扇谷両上杉氏による武蔵河越城争奪戦。河越城は扇谷上杉氏居城であったが,1537年(天文6)北条氏綱の攻撃をうけ落城,以来,後北条氏の武蔵における前進拠点となっていた。45年10月関東管領山内上杉憲政は関東の諸将を動員して砂久保にをとり,河越城を包囲した。城内では北条氏の,北条(福島)綱成以下3000人が立てこもって抗戦し,上杉方は長陣をしいて兵粮攻めにした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「河越城の戦」の解説

河越城の戦【かわごえじょうのたたかい】

川越城(河越城)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android