コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河越重頼 かわごえ しげより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河越重頼 かわごえ-しげより

?-1185 平安時代後期の武将。
武蔵(むさし)河越荘本拠とする。治承(じしょう)4年の源頼朝挙兵の際,頼朝方の三浦義明を攻めるが,のち頼朝にしたがい,源義仲追討や一ノ谷の戦いに功をたてた。文治(ぶんじ)元年頼朝による源義経の追討がはじまると,娘が義経の妻であることから同年11月殺された。通称は太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河越重頼

没年:文治1(1185)
生年:生年不詳
平安末・鎌倉前期の武将。河越能隆の子,太郎を称す。秩父流平氏の家督として,新日吉社領武蔵国河越荘(埼玉県)を本拠として武蔵国留守所総検校職となり,治承4(1180)年の源頼朝挙兵のとき,頼朝に味方した三浦義明を畠山重忠らと共に相模衣笠城に討った。その後,頼朝に降り武蔵の有力御家人となり,源義仲や平氏の追討に尽力した。重頼の妻は頼朝の乳母比企尼の娘であることから頼朝に信任され,その娘は頼朝の弟義経の妻となった。そのためのち追放された義経に縁座して頼朝に誅殺され,所領は妻(河越尼)に付託された。<参考文献>『川越市史』史料編中世1

(峰岸純夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の河越重頼の言及

【川越[市]】より

…武蔵野台地北端から入間川,荒川の沖積低地にまたがる。鎌倉時代に河越重頼の館が入間川西岸低地の上戸に築かれ,15世紀中ごろには台地北端に河越城が築城されて,城下町川越の歴史が始まった。江戸時代には江戸北方の要の城として重視され,城主に松平信綱や柳沢吉保など譜代の重臣が配置されたこともあって,川越街道や新河岸川によって江戸との交通も盛んになり,〈小江戸〉といわれるほどに栄えた。…

※「河越重頼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河越重頼の関連キーワード河越重頼の妻下河辺政義川越[市]金子親範比企能員江戸重長三浦義澄金子家忠河越重房

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android