コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河邨文一郎 かわむら ぶんいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河邨文一郎 かわむら-ぶんいちろう

1917-2004 昭和後期-平成時代の詩人,医師。
大正6年4月15日生まれ。札幌医大教授,北海道整肢学院長などをつとめた。北海道帝大在学中から金子光晴に師事し,「核」を主宰。昭和24年詩集「天地交驩」で北海道文化奨励賞。平成10年「シベリア」で日本詩人クラブ賞。平成16年3月30日死去。86歳。北海道出身。詩集はほかに「山巓の火」「湖上の薔薇」「物質の真昼」,舞踏詩劇「白鳳の華」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河邨文一郎の関連キーワード河邨 文一郎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android