真昼(読み)まひる

精選版 日本国語大辞典 「真昼」の意味・読み・例文・類語

ま‐ひる【真昼】

〘名〙 昼のまっ最中。午前、午後にかかわらず、太陽が高くて十分に明るいころを漠然という。まひるなか。まひるどき。まひるま。まっぴるま。白昼
※俳諧・冬の日(1684)「うれしげに囀る雲雀ちりちりと〈芭蕉〉 真(マ)昼の馬のねぶたがほ也〈野水〉」

まっ‐ぴる【真昼】

史記抄(1477)一一「あすのまっひるほどに会せうと約束したぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「真昼」の意味・読み・例文・類語

ま‐ひる【真昼】

昼の最中。正午ごろ。白昼。
[類語]白昼真っ昼間昼時ひるどき昼日中ひるひなか昼中ひるなか日盛り白日はくじつ正午昼間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android