真昼(読み)まひる

精選版 日本国語大辞典「真昼」の解説

ま‐ひる【真昼】

のまっ最中。午前、午後にかかわらず、太陽が高くて十分に明るいころを漠然という。まひるなか。まひるどき。まひるま。まっぴるま。白昼
※俳諧・冬の日(1684)「うれしげに囀る雲雀ちりちりと〈芭蕉〉 真(マ)昼の馬のねぶたがほ也〈野水〉」

まっ‐ぴる【真昼】

史記抄(1477)一一「あすのまっひるほどに会せうと約束したぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android