コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野主一郎 こうの しゅいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野主一郎 こうの-しゅいちろう

1847*-1922 明治時代の士族,官僚。
弘化(こうか)3年11月25日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。西郷隆盛にしたがい西南戦争に参加して捕らえられる。明治14年出獄後,帰郷して三州社社長となり民権運動にくわわる。30年青森県知事。のち霧島神宮宮司となった。大正11年2月12日死去。77歳。幼名は仲吾。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河野主一郎の関連キーワード島津保次郎リギョールローゼンベリンスキーリベリアアイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone