コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野徳兵衛 こうの とくべえ

2件 の用語解説(河野徳兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野徳兵衛 こうの-とくべえ

1763-1838 江戸時代中期-後期の農学家。
宝暦13年生まれ。甲斐(かい)八代郡夏目原村(山梨県御坂町)の人。天明7年(1787)農書「農事弁略」をあらわす。宮崎安貞の「農業全書」や地域の老農らの知識をもとに,肥料の調合や作物の栽培方法などをしるした。天保(てんぽう)9年8月15日死去。76歳。名は通如(つうじょ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河野徳兵衛

没年:天保9.8.15(1838.10.3)
生年:宝暦13(1763)
江戸後期,甲斐国(山梨県)の豪農。八代郡夏目原村(御坂町)の長百姓で,諱は通如。農書『農事弁略』(1787)を著した。同書は宮崎安貞の『農業全書』に学びながら,近世甲斐における地域の老農の知識,経験と自身の実証により,肥料の施用や土壌の調合,作物の栽培などの方法について,地域的条件に適合した技術を正確に記したもの。自序に農事に対する精励を,のちの富栄と安楽の基としながらも,富んでなお刻苦に終始するのは自然の道に反すると「分限を知て相応のたのしみ可有事なり」と述べるが,後楽のひとつを丼々橋一作の俳号で知られたように俳諧に求めた。<参考文献>飯田文弥「『農事弁略』現代語・解題」(『日本農業全書』23巻)

(飯田文弥)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河野徳兵衛の関連キーワード赤岡重樹加賀美嘉兵衛(1)金子重右衛門志村求我志村友直高野積成伴真貞内藤清右衛門八田達也八代駒雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone