コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油濁 ゆだく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油濁
ゆだく

石油による水質汚濁タンカーバラスト水の放流,石油類の流出事故などが原因で,年々増加している。石油類の大量流出により沿岸,海底がよごされ,魚介類が大量に被害を受ける場合,廃油ボールが海浜に打上げられる場合,異臭魚が発生する場合など,多様な被害がある。海上船舶に対しては海洋汚染防止法などで規制しているが,1974年の東京湾内のタンカー事故,水島の原油流出事故の情況から,広範な環境破壊の原因になるおそれがあるとして,防災問題とともに対策が急がれている。国際的にも 54年に海洋汚染防止条約,72年に海洋投棄規制条約が採択され,油濁による海洋汚染歯止めをかけた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆだく【油濁】

油の流出による海・川などの水の汚れ。 「 -防止設備」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone