沼田景義(読み)ぬまた かげよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沼田景義 ぬまた-かげよし

?-1581 戦国-織豊時代の武将。
上野(こうずけ)(群馬県)沼田城主沼田顕泰の子。永禄(えいろく)12年父とともに兄の朝憲を殺したため家臣に攻められ,会津(あいづ)の蘆名(あしな)氏をたよる。のち上野金山城主由良国繁の助けをかりて天正(てんしょう)9年3月沼田城の奪回をはかったが,真田昌幸の謀略により殺された。通称は平八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android