コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼田鰻 ヌタウナギ

2件 の用語解説(沼田鰻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬた‐うなぎ【沼田×鰻】

ヌタウナギ科の魚。全長約60センチ。体は茶褐色。本州中部地方以南の海域にすむ。
ヌタウナギ目ヌタウナギ科の魚の総称。円口類の一群。体はウナギ形で、前端に口があり、肉質の四対のひげが囲む。外鰓(がいさい)孔は一対または六対。目は退化して皮下に埋まっている。死魚などに吸着して肉を食う。この科の魚類はメクラウナギ目メクラウナギ科に分類されていたが、日本魚類学会が平成19年(2007)1月に現在の分類に改めた。ヌタウナギ1ホソヌタウナギ(旧称メクラウナギ)などが属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬたうなぎ【沼田鰻】

メクラウナギ目の海魚。全長約60センチメートル。体形はウナギに似るが、目の後方に六、七対の鰓孔えらあながある。体表は粘液におおわれる。夜行性で目は退化し、外からは見えにくい。体色は黒褐色。食用。本州中部以南の沿岸に分布。イソメクラ。ベト。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone