コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泔坏 ユスルツキ

デジタル大辞泉の解説

ゆする‐つき【××坏】

泔(ゆする)の水を入れる器。古くは土器、のちには漆器や銀器などを用いた。
「いでし日つかひし―の水は、さながらありけり」〈かげろふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆするつき【泔坏】

ゆする の水を入れる器。古くは土器で、のち漆器・銀器などを用いた。びんだらい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ゆするつき

頭髪を洗いくしけずる水を入れる器。古くは陶製で、のち木製漆塗りや銀製のものがあったが、平安時代には、銀製の椀(わん)に蓋(ふた)をつけ、茶托(ちゃたく)状の台を添え、さらに五葉入角(いりずみ)の形に梨地蒔絵(なしじまきえ)で装飾し、上敷きに紐(ひも)を垂らしている形にしている(『類聚雑要抄(るいじゅうぞうようしょう)』)。また京都御所・清涼殿の朝餉間(あさがれいのま)には諸調度とともにその実物がみられる。なお坏に入れる水には米のとぎ汁が使用されていた。[郷家忠臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

泔坏の関連キーワード掻上の笥・搔上の笥蜷結び櫛巾らい

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android